目元の微調整、待つことが大事だと再認識

最近ご希望が増えているのが下瞼の逆さまつ毛の手術と微調整の手術。微調整の手術は他院からのご紹介が多いです。最近では直接面識のない先生からご紹介頂くことも多いです。ありがとうございます。
微調整をご希望する方に関しては複数回の手術後であることが多く、私にできるかしら、、と思うことが多いのですが「是非原先生にやってもらいたい」とおっしゃって頂きアドレナリンマックスで手術をしております。

今日ご紹介する患者様は複数回の眼瞼の手術の既往があり、左右差が気になるとのことでご紹介頂きました.

 

写真は二枚とも上が術前で下が術後6か月です。

右の内側の脂肪の減量とまぶたでの少量の皮膚切除と挙筋前転を行ないました。
この方、術後の腫れがひどく患者様のご期待に応えられなかったと自分的にすごく落ち込んだので多くの手術の中でも特に印象に残っております。先輩に相談し早期の再手術も含めて検討したのですが、「待つべし」の言葉に従いました。
術後3か月くらいから良い感じに落ち着いてきて患者様もとても喜んでくださり、私にとってとても印象深い手術になりました。

焦らずに信頼して辛い時期を乗り越えてくださった患者様に感謝です。
最近は目元の手術をさせて頂き、その後に「顔全体をお任せで綺麗にして欲しい」と全幅の信頼を寄せて下さることが多く、美容に関わる医師として最高に嬉しいです。