tel:03-6265-1981

コテでのやけど

スタッフが連日コテで額のやけどをしております。

IMG_0482
コテでのやけどで多いのが首と頬です。たまに手、唇、額なども見かけます。 

首のやけどはキスマークに見えるから、、といってみなさん早く治したいようです。
しかし、やけどを早く治す特効薬はありません。

やけどをしてしまったら適切な処置を適切なタイミングですること、これにつきます。
逆を言うと大したことのないやけどが不適切な処置によって治りにくくなる、といったことも起こりうるのです。

ではコテでのやけどの処置はどのようにするのがいいのでしょうか。

1.冷やす。できる範囲内で冷やす。とにかく冷やす。ケーキなどについてる保冷材をハンカチなどに包んで冷やすのがおすすめです。

2.ワセリンをぬる。オロナイン軟膏などやけどにいいといわれているものはありますが、ご自身の判断で塗る場合はきれいなワセリンが一番よいです。

傷パワーパッドもやけどにはいいのですが、、接着力が強く、はがすときに皮膚がはがれる可能性があるので注意が必要です。

3.●痛みが治り、特に水ぶくれなどできなければ、あとは炎症後の色素沈着を起こさない・起きてしまった炎症後の色素沈着をいかに早く改善するかという問題になります。
 ・やけどしたところを紫外線にあてないようにする。
 ・こすらないようにする.
 ・赤みは数か月で引いてきます。茶色っぽくなった場合はクリニックで処方されるハイドロキノンなどの美白剤が有効の場合があります。
 ●痛みが治まらず水ぶくれができたら、迷わず形成外科や皮膚科に行きましょう。症状にあった適切な軟膏などを処方してくれます。

どのタイミングでも心配なら皮膚科もしくは形成外科の受診をためらう必要はありません。

 

コテでのやけどはcontact burnといわれる種類のやけどです。

高温の金属に触れてしまったことによるやけどです。あつ!となってすぐに離すので深いやけどになることは比較的少ないです。
たいていはI度のやけどといわれるレベルの、水膨れもできないくらいのやけどがおおいです。

このレベルのやけどですと数日ピリピリした不愉快な感じがありますが、傷跡にはならずにきれいに治ります。

もし水ぶくれになってしまったら、、これはII度のやけどというものです。治るまでに2週間程度かかることが多いです。
水ぶくれはやけどをした直後にできなくても翌日にできることがあります。
水ぶくれができたら病院へ行くのが最善の選択です。

なによりも大事なことは、綺麗になるための道具で傷をつくらないよう気を付けることです!