tel:03-6265-1981

サンダルなのに足がくさい?

女性の足が臭いのはブーツの時期だけだと思っている方おおいのではないでしょうか?

しかし、サンダルの時期でも足がくさいことがあるんです。

油断すると私も危ないので気を付けるようにしています。

通気性が良いはずのサンダルでなぜ足がにおってしまうのでしょうか?

原因はいくつかあります。

1 足裏の角質が肥厚している

2 毎日同じサンダルをはく

3 足裏にかく汗が多い

 

私の足くさい、と思った方はまず1の角質が分厚くなっていないかチェックしてみてくださいね。

すごくカチカチの方のケアにおすすめなのは

ゾーリンゲンペディ

足裏がまるで鰹節か?と思うくらいうまく削れます。刃物なので取り扱いには注意してくださいね。

ほどほどに硬いひとにおすすめは

ビーシャインビューティーフットプロ

こちらを湿らせてから硬くなった部分を削ると消しゴムのカスみたいなものが取れます。

足裏のケア、いろいろ試しましたが、使うものによってかけた時間による効果が全然ちがいます。

便利なものを使ってこれからの時期、きれいな足裏を目指しましょう。

で、大切なのはここから。

角質ケアをした後、とても大事なことは保湿です。

ある程度柔らかくなれば、日々尿素配合クリーム(処方薬)などで角質が固くなるのを防ぎます。

次は3の汗のケア。

足裏にパースピレックスフットローション(当クリニック取り扱い製品)で汗とにおいを抑えます。

このパースピレックスは市販の制汗sprayと作用が異なり、効果が高いうえに数日に一回の使用でよいというすぐれもの。

においが気になるならトライする価値はあるかと思います。

ここまでやって、さらに靴を数日おきにローテーションさせればだいぶにおいも気にならなくなると思います。

中敷きについた汚れも毎日お手入れすればなおよいと思います。

急に素足になれるように、毎日の適切なケアをがんばりましょう。

 

魚の目などはクリニックで保険診療での処置ができますので自己処理をせず、ぜひご来院してご相談くださいね。

 

 2016.06.28